ページの先頭です。
このページの本文へ移動します。
創業26年の信頼と実績

お見積り受取窓口【電話受付時間】平日9:00〜19:00

0120-992-251全国通話無料

クラウドフォンとビジネスフォンの違い

ビジネスフォンは、子機と呼ばれることもある電話機と電話機を制御する主装置(PBX)の組み合わせで構成しています。一方で、クラウドフォン「SPICA」は、主装置の機能をクラウドでお客様に提供しています。そのため、クラウドフォンは従来のビジネスフォンよりも多くの便利な機能・サービスを提供することができます。

クラウドフォン「SPICA」とビジネスフォンの比較図

従来:主装置から電話機へ

電話機ごとに配線が必要。
使う人の数だけ電話機が必要。

SPICA:クラウドからスマホへ

電話配線が必要ありません。
スマホを電話機代わりに使えます。

クラウドフォン「SPICA」とビジネスフォンの機能比較表

クラウドフォン「SPICA」は従来のビジネスフォンで使用できていた機能はもちろん、これまでなかった新しい機能もご利用いただけます。

横スクロールでご覧いただけます。

機能 SPICA ビジネスフォン
保留機能
電話の転送
共通電話帳の利用
スマートフォンの内線利用
外出先での会社の電話番号で発着信
パソコンをビジネスフォンとして利用
社員間・拠点間の無料通話や電話取次

クラウドフォン「SPICA」でワークスタイル変革を実現した事例

Case1.フリーアドレスの実現(保険業のお客様)

オフィスの置型電話機を廃止し、スマホ・PCに集約。 デスクの上もすっきりし、フリーアドレスで縛られない自由で身軽なオフィスを実現しました。

デスクもスッキリ!

Case2.ノマドワークの実現(不動産業のお客様)

事務所に届いたFAXをPDFに変換し、スマホへ送信。 外出中でも即確認できるので、ビジネスチャンスを逃さずノマドワーク、テレワークが可能になりました。

事務所にいなくても、情報の確認ができる

Case3.拠点間内線(製造業のお客様)

拠点をVPNでつなぐことで、拠点間の内線通話が無料に。さらに、拠点にいても本社の代表番号で発信することができます。

拠点間通話が無料に。
さらに、拠点でも代表番号が使える

Case4.テレワーク(デザイン事務所のお客様)

代表番号で発信できるので、在宅で働くスタッフでもオフィスと同じように仕事ができる環境が整います。オフィスの通話料に合算されるので、通話料の面も安心。

在宅勤務でも代表番号から発着信ができる

電話とインターネット回線の
無料代行手配はコチラから

0120-992-2510120-992-251

【電話受付時間】平日9:00〜19:00全国通話無料

スピード見積り24時間365日受付中